ピンボール HiAmmoAria

「じぶん」をプレゼンする新しい未来の選び方

やまなし合同JIBUN(ジブン)説明会

2020. 2.6 (thu) 時間:13:00~17:00
場所:ジット甲府プラザ ステージホール
踏み出すことではじまる、
自分の新たな未来

イベント概要

開催場所
ジット甲府プラザ ステージホール(山梨県甲府市高畑2-19-2)
日 程
2020年2月6日(木)
料 金
参加費無料
時 間
13:00〜17:00 (受付 12:30)
参加対象
山梨県内外の大学・短大生など
(専門学校生・高校生含む)
山梨県内企業(イベント参加申込企業限定)
当日行うこと
  • 事前にエントリーした学生による1分プレゼンテーション・ポスターセッション
  • 学生と企業の交流会
服 装
リクルートスーツの着用は禁止とします。普段着でお越しください。
プレゼンテーション参加学生はこちら

鄭成強

山梨英和大学
私は生まれたばかりの赤ちゃんです

【プレゼンテーション部門】
好奇心旺盛さがある人(ren)ので、興味があることに積極的にチャレンジします。私の強みは行動力です。人(ren)は生まれてから色(se)々なことにチャレンジしています。自分はチャレンジが大好きです。日本へ来(lai)ることもチャレンジです。日本で色(se)々な新鮮なことができました。

中野優綺

山梨英和大学
バイトばかりの人生でしたが…

【プレゼンテーション部門】
大学1年の4月から山梨の最低賃金(jin)のお店でバイトを続けてきました。700円(yuan)台からスタートして今はなんとか800円(yuan)台。そんなバイトを3年間(jian)ほど続けてきて私が得たことを伝えます。よろしくお願(yuan)いします!

大村奎斗

山梨学院大学
「私は状況コンディショナーで、その場の状況を冷静に読むことができます」

【プレゼンテーション部門】
人の気持ちや性格を理解して読み解くことができ、それを結びつけることができます。
アクティブな人間で、友達(da)と出かけたり、体を動(dong)(dong)かすことが好きです。仲を深(shen)めて、相手(shou)の性格を知っていくのが好きで、人間分析に優れています。大学では、FM甲(jia)府(fu)でラジオ活動(dong)(dong)に参加(jia)して、学生(sheng)と一緒に楽しいラジオを作っています。ぜひ機(ji)会があれば聴いてください。

内田弦太

山梨学院大学
「何事にも一生懸命取り組んでいきます」

【プレゼンテーション部門】
私は何事も最後まで諦めずに行うことです。私は高校時代にサッカー部に所属してしまいました。途中で部員が半分以上減ってしまいましたが、自分は入学当時に最後までやり抜くと決めたので、辛かったですが、続けることができました。今では、サッカー部を続けて本当に良かったと思います。これからもこの気持ちを忘れずに物事に取り組んで行こうと思いま

中山みずき

山梨学院大学
「スポンジで磨かれる時計」

【ポスターセッション部門】
私はスポンジのように吸収(shou)力があります!興味(wei)があることは、無(wu)駄にしたくないと思いメモをとってアウトプットすることができます。また、時(shi)計(ji)のように物(wu)事を確実に進めることができます。これは計(ji)画性(xing)の発揮(hui)と共に、練り直し磨かれていきます。

山本結衣

山梨学院大学
「推しへの努力は惜しまない」

【ポスターセッション部門】
大好(hao)きな人、大好(hao)きなものへの努力は誰にも負(fu)けません。

太田美桜

山梨学院大学
「オタクしてます」

【ポスターセッション部門】
会(hui)いに行(xing)ける時に会(hui)いに行(xing)くをモットーに韓国アイドル追っかけてます。

里吉玲奈

山梨学院大学
口癖「推し今どこ??????」

【ポスターセッション部門】
隣国(guo)のアイドルを追うただのオタクです。

横森早紀

山梨英和大学
「デザインやアートのスキルで山梨を盛り上げたい」

【ポスターセッション部門】
美大(da)で3年間(jian)美術を学んでから、山(shan)梨(li)で地域のことを学びたいと思い大(da)学を編(bian)入した珍人材です。山(shan)梨(li)に戻ってきてからデザインに関わることが増えました!山(shan)梨(li)だからできることを今日も探しています。

松谷美優

山梨英和大学
「韓国が大好きだけどやっぱり山梨が一番!」

【プレゼンテーション部門】
友達もみんな知(zhi)っているほど韓国が大好きな私ですが、1番(fan)大好きなのは、生まれ育ったここ、山梨です。将来、絶(jue)対に山梨で就(jiu)職をしたいという強い意志があります。山梨に貢献(xian)できるような生き方をしたいです。

平岡千晴

山梨学院大学
「チームの成長に貢献できる人材になりたい!」

【プレゼンテーション部門】
将来は仲間と助け合(he)い、力を合(he)わせて、やりがいを感じられる仕(shi)事に就きたいと考えています。周囲のサポートをしながら、自(zi)分(fen)の役割もこなして、チームにとって欠(qian)かせない存在になることが目(mu)標です。

田中怜

山梨学院大学
「人と話すことがすきです」

【プレゼンテーション部門】
学校では「話す」を生(sheng)(sheng)かした活動をしています。県内でも珍(zhen)しい学内のラジオ局があります。そこでは学生(sheng)(sheng)が作り上げる番組があり、地(di)元甲府の魅力を伝えたり、セリフや流れもすべて学生(sheng)(sheng)がきめて取り組むフリートークも行っています。県内の学生(sheng)(sheng)と共に更にこのラジオを盛り上げていけたらいいなと思っています!

深澤美恵

山梨学院大学
「地元山梨で『私らしく』働きたい!!」

【プレゼンテーション部門】
私は大学生となり学内外問わず積極的に活動してきました。それらの経験を活かして『私らしく・私らしさ』を大切に、楽しく地域貢献をしながら働きたいと考えています。
(いつか役に立つと考え中国語を勉強中💭)

渡邉唯衣

山梨学院大学
「ワタシの生態は…」

【プレゼンテーション部門】
私(si)生活の自分、趣味、私(si)の”色々”を知(zhi)ってください。

山本 心

山梨学院大学
「スケジュール帳が私の友達です」

【プレゼンテーション部門】
自分自身のライフスタイルをより充実的に
退(tui)屈な時(shi)間を作らない、毎日を意味がある日々に

佐野由希子

山梨英和大学
「将来は地元に貢献することを目指す」

【プレゼンテーション部門】
社(she)会に出(chu)たら地(di)元近(jin)くで働き、地(di)元に貢献していきたいと思(si)っています。また、歴史や特産など地(di)元のことをもっと知って、仕事以外の方法でも地(di)元に貢献していきたいと思(si)っています。

小林幸

山梨県立大学
「Don’t judge a book by its cover」

【プレゼンテーション部門】
本の表紙やタイトルからその中身が判断できないように、「見た目で物事を判断してはいけな
い。」という意味。表紙の装填は立派だが内容はさっぱりである場合と、表紙は貧弱でも内容は
濃(nong)く、優れているという両方(fang)に使うことができる。

大志田侑里

山梨県立大学
「好きなことに一直線に邁進できます!」

【プレゼンテーション部門】
私は、自分が「やりたい!」と思(si)ったことに対しては時(shi)間も忘(wang)れて取り組(zu)んでしまいます。まだ、将来(lai)のことははっきりと決まっていませんが、私が時(shi)間も忘(wang)れて邁進できる事を見つけたいです。

長坂 愛

山梨県立大学
「明るく元気なストイック系オタク」

【プレゼンテーション部門】
「オタク」それは好きなものに全力を注ぐ人。
ライブにいくのも授業を受けてから。無理はするけど犠牲は生み出さない。
勉強に部(bu)活、習い事(shi)。ストイックなのは頑張(zhang)る自分が好きだから!任せてください!その仕事(shi)!

安齊愛乃

山梨県立大学
「私の90%は韓国でできています」

【プレゼンテーション部門】
私(si)は韓(han)国語が得意です。大学(xue)では持ち前(qian)の勇気と明るさを生かし、幼い頃(qing)から大好(hao)きな韓(han)国に留(liu)学(xue)しました。大学(xue)入学(xue)以前(qian)は海外を知らない私(si)でしたが、留(liu)学(xue)を実行し目標であった韓(han)国語検定最上級を獲得できました。

石井小有妃

山梨学院大学
「どんな経験の繋がる点から線へ」

【プレゼンテーション部門】
人の笑顔がどんな形だとしても見られる仕事をしたいと思っています。
そして、新しく出(chu)会う人(ren)、今お世話になっている人(ren)との繋がりを大(da)事にし、その周りの人(ren)を巻き込みながら目標に挑(tiao)戦していける人(ren)になりたいです。

石場優花

山梨県立大学
「好きなことをする凄さ!楽しさ!これに尽きる」

【プレゼンテーション部門】
お酒の場が好(hao)きとか、いろんな人が自分の所に集まってくるのが嬉しいとか、スナックやりたいとか…。続きはあとで!とにかく動く。最近は本から学ぶのが楽しくて、好(hao)奇心旺盛(sheng)に毎日ワクワクして過(guo)ごしてます。

中込悠里

山梨県立大学
「何があってもやめない継続力」

【プレゼンテーション部門】
私(si)は1度(du)やると決(jue)めたことは長く続(xu)(xu)けることができます。例えば、私(si)は4歳(sui)の時(shi)からダンスを続(xu)(xu)けています。また、アルバイトも1年(nian)生の時(shi)からずっと同じところでしています。辛くてもやめないところが私(si)の強みです。

竹村都亜

山梨県立大学
「自慢は誰にも負けない根性です」

【プレゼンテーション部門】
3年間飲食店(dian)で続けているアルバイトで、嫌なこと、辛(xin)いことがあっても諦めず、やめず、状況を良くしていく努力をを学びました。つまらないこと、苦(ku)しいことでも簡単にやめず努力を積み重ねることに自信があります。

高橋柚奈

山梨県立大学
「前向きなやりたがり」

【プレゼンテーション部門】
こんにちは!私(si)はいつもポジティブだねと友達に言われる前向(xiang)きな人間です。失敗(bai)したときはもちろん落ち込みますが、ずるずる引き摺らずに「次に生かそう!」と意気(qi)込んで何事(shi)にも取り組んでいます!よろしくお願いします。

大竹 涼

山梨県立大学
「失敗を失敗だとは思わない、全ては経験」

【プレゼンテーション部門】
失(shi)敗(bai)をそのまま失(shi)敗(bai)と受(shou)け取るのか。あるいは失(shi)敗(bai)を経験(yan)として受(shou)け取るのか。捉え方次第で見える世界は180度変わります。私は常に後者を意(yi)識(shi)しています。ある意(yi)味、私は失(shi)敗(bai)したことがないのかもしれません。

根上 英

山梨県立大学
「真面目の壁をぶち壊せ!」

【プレゼンテーション部門】
学級委員や生徒(tu)会などの活動を通して得た、企画力(li)、リーダシップなどを活かし‥‥なんて真(zhen)面目なことを言(yan)い続ける人(ren)生はもうおわり! 自分の《やりたい 》を実現させるNEXT PHASEへ!

池田涼菜

山梨県立大学
「大人の私」

【プレゼンテーション部門】
大(da)人(ren)(ren)になりたい。余裕があって素敵な大(da)人(ren)(ren)になりたい。余裕とは、自(zi)(zi)分の好きな自(zi)(zi)分で居られることです。自(zi)(zi)分に余裕を持ち、できた余裕で私(si)の周(zhou)りの世界に優しくありたい。そんな素敵な大(da)人(ren)(ren)になりたい。

清水琴絵

山梨県立大学
「3年12月まだやりたいことが決まっていない」

【プレゼンテーション部門】
好きなことには一直線。その瞬(shun)間(jian)の気持(chi)ちに合わせて流れるように生(sheng)きてきました。しかしいまだにこれからの人生(sheng)の始まりに胸を焦(jiao)がしたいと思(si)えるようなことに出会(hui)えていません。

酒井大樹

山梨学院大学
「先頭に立ち仲間を引っ張っていきます」

【プレゼンテーション部門】
やると決(jue)めたことは何事にも全(quan)力(li)で取り組み率(lv)先(xian)(xian)して先(xian)(xian)頭に立って周りをまとめられるキャプテンシーを持っています。これからもチャレンジ精神を持って全(quan)力(li)で取り組みます。

大森友誠

山梨学院大学
「私は皆との繋がりや距離感を大事にする磁石のような人です」

【プレゼンテーション部門】
キャッチコピーにもある通(tong)り私は、人(ren)(ren)と人(ren)(ren)との繋(xi)がりを強(qiang)く持(chi)ち、大事にすると同時に、合わないなと思う人(ren)(ren)とはいい距離感で接するということを心掛けています。

関根早紀

山梨英和大学
「ただの巨人ファンです」

【プレゼンテーション部門】
 私は今様(yang)々なことに挑(tiao)戦しています。例(li)えば私は今年(nian)GUCCIのインターンに応募し、約半年(nian)間の長(chang)期インターンに参加しています。大変さもありますが、学べることが多く、挑(tiao)戦することの大切(qie)さを実感しています。

スポンサー企業はこちら

やまなし合同JIBUN説明会って?やまなし合同JIBUN説明会って?

未来を考える大学生たちが、「じぶん」の活動成果や
これからやりたいことをプレゼンや展示で地元企業にアピール。
大(da)学生が地元企業(ye)とより「じぶん」らしく出会う、新しい形のイベントです。

プレゼンや展示を通して新たな自分の強みや魅力が見つかる
地元企業との対話から自分の未来につながるヒントが得られる
自分と社会の多様な接点から新たなつながりが生まれる

NEWS & REPORTS

プロジェクトの最新情報、イベントのレポートやプロジェクトの活用事例をお知らせします。

バックナンバー