ピンボール HiAmmoAria

NEWS & REPORTS

キックオフシンポジウム「フューチャーEVO」を開催しました!

  • 2023.02.23
  • 未来計画研究社

令和5年2月(yue)7日(火)に、知(地(di))のソーシャルキャピタル~学(xue)(xue)びの山(shan)(shan)梨(li)モデル~構築事(shi)業キックオフシンポジウム「フューチャーEVO」を山(shan)(shan)梨(li)大学(xue)(xue)と山(shan)(shan)梨(li)県立大学(xue)(xue)主催(cui)で開(kai)催(cui)しました。

午前は、山(shan)日(ri)YBSホールにてキックオフシンポジウムをハイブリッド形式で開催し、会場とオンラインあわせて約(yue)130名(ming)の方に参加をいただきました。始めに本学の島田眞路学長と山(shan)梨(li)県立大学の早川正(zheng)幸(xing)学長よりそれぞれ主催者(zhe)の挨(ai)拶があり、続いて風(feng)間(jian)ふたばセンター長よりSPARC事(shi)業紹介を行いました。その後は「地(di)域が持つ価値(zhi)と可能性をもう一(yi)度捉え直(zhi)すために」をテーマに2つの講(jiang)演を行いました。始めに「<私の日(ri)常>が持つ価値(zhi)に気づくために」と題(ti)して人類学者(zhe)である合同会社メッシュワーク共(gong)同創業者(zhe)の比嘉夏子様のご講(jiang)演、次に「ローカルの想像(xiang)力はいかに育まれるか-まちづくり的思(si)考とその実践-」と題(ti)して山(shan)梨(li)市ふるさと振興機構の代(dai)表理事(shi)である田中友悟様にご講(jiang)演をいただきました。人類学的なアプローチの理論と実践、地(di)域活動での具体的な取り組みについて貴重(zhong)なお話(hua)を伺えました。

午(wu)後(hou)からは、山日YBSホールと山梨(li)県(xian)立図書館イベントスペースの2会場を配信でつなぎ、フューチャーEVOを開(kai)催しました。フューチャーEVOでは、あらゆるプレイヤーが「集い・つながり・生(sheng)(sheng)み出す」ための新たなソーシャルキャピタルを目指しており、第1回(hui)開(kai)催である今(jin)回(hui)は高校生(sheng)(sheng)、大学生(sheng)(sheng)、企業・団体、起業家の54組(zu)が地域で取(qu)り組(zu)むプロジェクトの活動を1分プレゼンテーションとポスターセッションで発表しました。一般観覧者も含め総(zong)勢(shi)300名以(yi)上の方に参加をいただき、立場や世代を超えた交(jiao)流の機(ji)会となりました。

Miraiプロジェクトの成果発表を対面で開催できたのは2年ぶりとなります。
学生の皆さんが来場者にこれまでの活動や成(cheng)果(guo)物をみせながら笑顔でお話をしており、会場も熱気(qi)に包まれておりました!

地域と大学をつなぎ「学びの山梨モデル」を構築(zhu)する地域活性化人材育成事業~SPARC~の第一(yi)歩(bu)となる有意義なキックオフイベントとなりました。